やっぱりチョコミントが好き♡

好きなこと・好きなもの・好きなひとのことを気まぐれに書き綴る。

【12】観覧車に乗りたい

 

 

大きなテーマパークとは言わないけれど

どこか遊園地に行きたいなって思う

 

遊園地とは言えないような小さい規模でも

それはそれで全然構わない

 

天気の良い青空の日に観覧車に乗りたい

のんびりと何も考えずに1人で

ぼーっと外の景色を眺めていたい

 

欲を言えば

大好きな人と観覧車デートとか

そういうのはちょっと憧れる 笑

 

「馬鹿と煙は高いところが好き」

なんていう揶揄表現もあるけれど

 

高所恐怖症ではないので

 

私はもしかしなくても

やっぱり馬鹿なのかもしれない・・・

 

 

遊園地ってしばらく行ってないな

小さい子供とかがいたならば

一緒に行ったらきっと楽しいだろうな

 

大好きな人と一緒に行ったならば

最高に楽しいのだろうな 

f:id:ChoCoMint:20180529143232j:plain

青空と観覧車って被写体として素敵な画になるね

 

遊園地と言ったら絶叫系の乗り物が

欠かせないイメージだけど

 

小さい頃はその系統の乗り物は

全然怖くはなくて寧ろ楽しかった

はしゃいで何回も乗ったりしたな

 

大人になった今では

きっと1回乗ったら満足できるかも

頑張ったら2回は乗ることができそう

3回目は・・・体調と要相談でしょう 笑

 

子供の頃のような純粋な氣持ちで

時には童心に帰ってみたいのです

 

 

 

そういえば観覧車で思い出した

記憶をひとつ綴っておこう

 

 

 

中学生の時に修学旅行で行った

とある場所で観覧車に乗ったのだけど

 

そこの観覧車の誘導員のお兄さんが

超爽やかなイケメンさんでした

 

一緒に観覧車に乗った友達が

見事に一目惚れをしてしまい

終始テンションが高かった

 

観覧車というよりはそのお兄さんを目的に

何回も観覧車に乗るのに連れ添い

 

数回目には

「キミたちそんなに観覧車好きなの?笑」

などと言われる始末・・・

 

友達はお兄さんと写真が撮りたかったらしい

 

でも恥ずかしくて自分で言えないからと

私に助けを求めてきた

 

しょうがないので友達の頼みだったので

 

「一緒に写真撮ってもらってもいいですか?」

と、代わりにお兄さんに訊ねてみた

 

お兄さんは照れながらも写真撮影を

快くOKしてくれたので

 

友達とお兄さんの2ショット写真を

数枚撮ってあげたな

 

最後にお兄さんと握手をしたけれど

私は特にときめかなかったな 笑

 

どうやらその頃から

イケメンの男性は苦手だったようだ

緊張しすぎて話せないのですよ

 

旅先で出会った素敵な異性にときめくという 

ちょっとした旅行あるある?的な話です

(自分ではないけれど)

 

 

 

 

残念ながら数年前に

その観覧車は無くなってしまったけれど

 

楽しかった青春時代の記憶というものは

未だに色褪せないものですね。

 

 

 

 現場からは以上です。

ちょこみんでした(。・ω・。)ノ❤