やっぱりチョコミントが好き♡

好きなこと・好きなもの・好きなひとのことを気まぐれに書き綴る。

【11】嫌われる勇気

 

 

 

「嫌われたくない」

人は少なからず人に対して

そんな感情を抱くのではないだろうか

 

相手が自分にとって大切な人ならば尚更

嫌われたくないという感情は大きくなって

囚われてしまうのではないかと思う

 

言葉の行き違いやそれぞれの受け止め方で

誤解を招くことは多々あると思う

 

勿論自分に非があるのなら

それをきちんと認めることは大切で

今後の人生のためにも反省が必要だ 

 

 

 

誤解を解くことが出来るのならば

その方がお互いのためにも良いのでは、

とか 

 

人の氣持ちには絶対なんてものはないから

いつかわかりあえる日が来るといいな、とか

自分の想いが伝わってくれたらいいな、とか

 

少し前の私はそんなことを考えていたけど 

違和感を感じるようになった 

 

 

 

それって自分のエゴを相手に一方的に

押しつけているだけじゃないのか

 

相手が変わってくれることを期待したり

自分の氣持ちを相手に理解してほしいと

願ったりするのは間違っているのではないか

 

そんなことに氣づいた

 

 

 

相手のことは変えられないし

変わらないし

 

相手のルールに合わせて

自分を無理に変える必要もない

 

そのように受け止められたのであれば

それはもう仕方のないことだ、と

 

時には諦めることも必要な時がある

だから嫌われても憎まれてもいい・・・

もうそう思うことにした

 

自分の言動には自分できっちりと

責任を持つということで

 

もう今回ばかりは

自分がその場を立ち去ることが賢明で

平和的解決なのではないかって思う

 

前に教えてもらった水原希子さんの話を思い出して

あまり落ち込まずに氣持ちを切り替えられた

 

人それぞれ価値観が違うし、全ての人に自分を理解してもらおうとしても難しいなと感じて、私の存在自体があなたにとってストレスなら仕方ない、という気持ちになったんです。それからはもう、何と言われてもそういう批判に心を動かされることはなくなった。

 

 

 

ただただ感謝です

本当にありがとうございます

 

 

全員が全員に好かれようとして

いい子ちゃんの仮面をかぶって

 

優等生を演じる必要は

ないんじゃないかって思って

 

いい子ちゃんでいる事はやめてみた

 

勿論、当たり前の常識は

わきまえて行動はしていきたいけど

 

例え誰かに嫌われたっていい

それよりも自分らしさを大切にしたい

 

そう思ったら

ちょっと氣持ちが軽くなった

 

人間関係もそうだし

恋愛関係だって同じかもしれない

 

自分を大切に想ってくれない人に

あれこれと疲弊するような

エネルギーを向けるよりも

 

本当に自分のことを

心から大切に想ってくれる人を

もっと大切にして

 

今以上に良い関係を築いていくことに

自分のエネルギーを向けていきたい

 

いちばん大切なものを失って

もうこれ以上失うものなんて

無いと思ったら強くなれる氣がした

 

心だって身体だって

健やかに穏やかに生きていたいし

 

毎日楽しく生きていたいから

 

そんなワガママを

たまには言ったっていいじゃない

自分の殻を破ってもいいじゃない

 

他の誰かのための人生ではなくて

たった一度きりの自分の人生なのだから

 

そんな結論に達したわけです

 

嫌われることはもう怖くないよ。

 

 

 

 

 

 現場からは以上です。

ちょこみんでした(。・ω・。)ノ❤